2016年07月18日

干からび気味の夏きのこたち

茨城県南部は相変わらず雨に恵まれず。
やっとすこしまとまって降ったので、期待を込めてきのこ探索に出たものの、うーんよろしくない。
なんとか一番優秀ないつもの公園で、夏きのこたちに出会えたものの干からび気味。昨日来れてたらもう少し状態良かったかな?って、今日も雨の予報だったのに、おかしいな。

20160718-1.jpg
キタマゴタケ

20160718-4.jpg
ちょっとボロンチョだけどヘビキノコモドキ

20160718-3.jpg
たぶんヒビワレシロハツ?

20160718-5.jpg
ウグイスハツ(ご指摘をいただきアイタケから訂正しました。初遭遇です)

20160718-6.jpg
ベニタケ属。ナメクジにガリガリ食べられてちょっと芸術的なことに。

20160718-2.jpg
シラカシの林の下は一面になにかの菌糸。
きのこの姿は見えなくても、落ち葉の下ではせっせと活動している。

その他、不明種イグチが何種類か、クロタマゴテングタケ、クロハツの仲間、巨大シロハツなど、夏らしいラインナップが見られました。ハナオチバタケの大群はからっからの干物でした。(涙)

posted by kinoko-mono at 23:56| Comment(0) | 菌探訪