2018年02月08日

小林路子 菌類画の世界

毎度ご無沙汰しております。
菌賀新年からまったく音沙汰なく失礼いたしました。
諸事情により2018年kinoko-monoは控えめに活動します。
昨年忙しすぎたのでちょっと充電期間といいますか。
とはいってもいつも通りイベントに出したりきのこのあるところに出没したりはしますので、引き続きよろしくお願いします。

さて、京都できのこ好き必見展覧会のお知らせです。

「小林路子 菌類画の世界 
きのこに会いにいきましょう!」

開催場所:美術館「えき」KYOTO
開催期間:2018年3月8日(木)〜3月25日(日)
時間:午前10時〜午後8時(入館締切は閉館30分前)
休館日:ジェイアール京都伊勢丹に準ずる
入館料:500円(税込)
詳細はこちら

きのこ画といえばこの方、小林路子さん。
kinoko-monoは原画は2015年に吉祥寺で開催された展覧会の際に初めて拝見し、その精緻な筆使いに衝撃を受けました。印刷物にすると細部がつぶれてぼやけてしまうぐらい細密に描き込まれていて、原画を見たあとに印刷物を見るとまったく表現しきれていないことがわかります。それでいて野外のきのこの様子が生き生きと表現された構図。程よい距離から見ても美しく、また近寄って見るほどに圧倒される画です。2015年の武蔵野市立吉祥寺美術館では70点が公開されていましたが、今回の美術館「えき」KYOTOではなんとその倍以上の約150点が展示されます。

20180308-1.jpg

20180308-2.jpg

・・・実は、こちらの展覧会期間中ミュージアムショップにてkinoko-monoの品を取り扱っていただきます。(嬉しい)
他にも谷中イリアスでおなじみの作家さんのきのこグッズが色々と並びます。
展覧会と合わせてお楽しみいただけたら幸いです。
kinoko-mono本人は3月8日の展覧会初日のみ会場にいる予定です。
150点も1日で見たらへろへろになりそう・・・見終わらない!?

posted by kinoko-mono at 17:56| Comment(0) | お知らせ