2015年09月07日

集まったよ!きのこと仲間たち

2015年9月5日(土)
箱根での日帰りきのこイベント「集まれ!きのこと仲間たち」
満員御礼大盛況でした!
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

会場の様子など、私からもご紹介します。
20150905-1.jpg
箱根ビジターセンター、エントランス。
タマゴタケがお出迎え。
奥にちょっぴり写っているのは大きなサルノコシカケ。触れます。

20150905-2.jpg
解放感のある展示室。
この日のためにきのこグッズや書籍などをスタッフさんが集めました。
あと、ひっそりこっそりセンター内の至るところにきのこが生えている!気合入ってます。
トイレの個室にまできのこの写真が・・・・笑
常設展示は入館無料の施設としては大変充実していると思います。

20150905-3.jpg
圧巻なのはこのガラス張りの大きな窓。芦ノ湖が見えます。

イベントは大きく分けて午前が室内、午後が屋外中心でした。
午前中のトークセッションは大人が楽しめるちょっと深い菌類のお話。
◆自然界でのきのこの役割
折原貴道(神奈川県生命の星・地球博物館)
◆かくれた主役、カビの魅力
渡辺舞(生命の星・地球博物館菌類ボランティア)
◆きのこの愛で方
緒方光明(自然公園財団日光支部)
20150905-10.jpg
トークセッションの様子

お昼休憩
さすがに詰め込みすぎできのこ試食は無くなりました(笑)

午後は簡単な説明と注意のあと、野外へきのこ探しに。
当日は一日だけの軌跡の晴れ間。絶好の観察日より。
20150905-17.jpg


20150905-11.jpg


20150905-12.jpg
ホソツクシタケ。初めて見ました♪

20150905-13.jpg
2時間ほどで帰還。成果はまずまず?
テングタケやイグチの仲間の派手で大型のきのこが少なかったので、一見すると地味ですが、かなりの種類が採集できました。

20150905-7.jpg
これ!これ生えてるとこ見たかったなぁ。
クチベニタケと違うのはおちょぼ口以外の全体がほんのり赤みを帯びているところだそうです。

20150905-8.jpg
そうこうしているうちに、昼前に講師の方が切り出して新しい培地に置いておいた粘菌様が移動中。四方に置いてある白い物体はエサです。

20150905-14.jpg
きのこさがしの後は、きの交流タイム。

20150905-15.jpg
やっぱり採ったら食べたいよね!というような意見が多かった?

さて、グッズ販売ブースはというと。
20150905-4.jpg
なんとか間に合ったカード立てやら、いつものラインナップ。
荷物の関係で特大ルーペを持って来れなかったので、玄人参加者様には自前のルーペで見ていただく。

20150905-5.jpg
消しゴムハンコのASCOさん。
ソライロタケと粘菌ポストカードが人気。
一番左、胞子に気づく人は相当レベル高いです。

20150905-9.jpg
最後に。
絶景に揺れる菌影(笑)
スタッフさんいい仕事してます・・・なぜ、1本だけなんだ・・・。

好評につき来年も開催予定とのこと。
さらにパワーアップするのか?お楽しみに!
posted by kinoko-mono at 14:51| Comment(0) | イベントレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。