2017年03月31日

【作品紹介2013-2017A】

□ 木枠ペンダント
作品数もだいぶ増えたのでここ数年を振り返ってみました。

20160928-2.jpg
金属アレルギー対策に始めたシリーズです。首にかけるヒモは合皮。
軽いのでペンダントで肩が凝る方にも喜ばれました。

20170130-3.jpg
前々からやりたかった絵付き。
メモスタンドと同じように、ウッドバーニングという技法で木を焦がして線画を描き、アクリル塗料で色をのせています。

20170130-2.jpg
キヌガサタケ
網目をひとつひとつ華奢にととのえるのが大変です。

20161120-2.jpg
キノコ界永遠のトップアイドル?ベニテングタケは華やかです。

20160928-1.jpg
20160622-3.jpg

20160622-1.jpg
枠に絵柄が無いと寂しすぎたキヌガサタケでした。(現在作っていません)

20160922-1.jpg
20160414-1.jpg
20160202-2.jpg
20151101-3.jpg
20150926-2.jpg
woodframe-pendant2015-5.jpg
アミガサタケ

woodframe-pendant2015-4.jpg
ヒメベニテングタケ

woodframe-pendant2015-3.jpg
タマゴタケ

woodframe-pendant2015-2.jpgwoodframe-pendant2015-1.jpg
woodframe-pendant2015.jpg
電動工具を買う余裕がないので、いまだに糸ノコでぎこぎこ切り抜いてます。
コクタン、カリン、ローズウッド、ハードメープル、などなどとにかく硬い材がメインなのでいつも使わない筋肉が悲鳴をあげます。
そのうち木工の勉強をしたいです。
posted by kinoko-mono at 00:13| Comment(0) | 作品紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。