2018年01月04日

作品リスト(木を使った品)

◆木を使った品

20171116-2.jpg
基本的に一品物。
工程が多く制作に手間がかかるため完成品がまったく無い時期があります。
イベントやお店に出し切ってしまうため、作家の手元にもめったに在庫がありません。


◇メモスタンド
memo1.jpgmemo2.jpgmemo3.jpgmemo4.jpgmemo5.jpgmemo7.jpgmemo8.jpgmemo9.jpgmemo10.jpgmemo11.jpgmemo12.jpgmemo13.jpgmemo15.jpgmemo14.jpg
【商品名】メモスタンド
【素材】木、銅を主体とする合金、アクリル塗料、ラッカー塗料、樹脂
【寸法】土台:28mm立方体 
    きのこ:背の高いもので12〜15mm程度
【価格】イベント手売り 2000〜4500円(税込)
    委託販売・お店での販売 2500〜4500円+税(変動あり)
【作家コメント】
28mm立方体の上に展開するリアルで繊細なきのこワールド。スリットタイプのメモスタンドです。単色(価格帯2000〜3000円)と絵柄入り(価格帯4200〜4500円)があります。絵柄はウッドバーニング(焼き絵)技法で線を焼入れ、アクリル絵の具で着彩しています。一品物のため構図や色味はひとつひとつ違います。それぞれのきのこが発生する環境を意識した絵を入れています。ベニテングタケの絵柄入り土台は白樺の材を使用していることが多いです。
※土台の立方体の在庫が無くなったので、今後サイズが変わる可能性があります。
【お手入れ・保管の注意】汚れが気になる場合は柔らかい布でふいてください。カビやシミの原因となりますので、高温多湿の環境で長期間保管しないようお気をつけください。




◇木枠ペンダント
kiwaku-pendant1.jpgkiwaku-pendant2.jpgkiwaku-pendant3.jpgkiwaku-pendant4.jpgkiwaku-pendant5.jpgkiwaku-pendant6.jpgkiwaku-pendant7.jpgkiwaku-pendant8.jpg
【商品名】木枠ペンダント
【素材】木、銅を主体とする合金、アクリル塗料、ラッカー塗料、樹脂、スエード(合皮)ひも
【寸法】きのこ:背の高いもので12〜15mm程度。(メモスタンドと同じ)
木枠は2センチくらいのものから4センチを超えるサイズまで様々です。 
ひもの長さは最長で約70センチ、結んであるだけなのでお客様ご自身で調節できます。
【価格】単色5500円〜 絵柄入り12000円〜 
    すべて一品ものなので価格はその時々で違います。
【作家コメント】身につけられるメモスタンド!
もともと金属アレルギーの方向けに開発した品です。金属のきのこは木枠の中に入っているので、直接手で触れずに装着できます。紐も合皮なので肌触りがよく金属アレルギーの心配がありません。(柔らかい革紐は、なめしの工程でクロムという金属が使われている場合が多いです)軽いのでネックレスで肩が凝るという方にも喜ばれました。
絵柄はウッドバーニング(焼き絵)技法で線を焼入れ、アクリル絵の具で着彩しています。木枠は構図を決めてひとつづつ切り出します。
【お手入れ・保管の注意】汚れが気になる場合は柔らかい布でふいてください。カビやシミの原因となりますので、高温多湿の環境で長期間保管しないようお気をつけください。




◇木枠ブローチ
20180414-1.jpg
20180414-2.jpg
【商品名】木枠ブローチ
【素材】木、きのこは銅を主体とする合金、アクリル塗料、ラッカー塗料、樹脂、金具は銅合金にメッキ
【寸法】本体 直径約35mm×厚み6mm + 種類により前面きのこのとび出し部分あり
    裏面ブローチ金具のとび出し約5mm
【価格】単色8000円〜 絵柄入り12000円〜 
    すべて一品もの。
【作家コメント】布に着けると針が見えなくなります。木枠ペンダントのブローチ版。木枠はひとつづつ手で切り出しています。
【お手入れ・保管の注意】
カビやシミの原因となりますので、高温多湿の環境で長期間保管しないようお気をつけください。
● 単色タイプ:木枠は仕上げにニスなどをかけていない白木仕上げです。柔らかい布で磨くとより光沢が出ます。
濡れると色移りすることがあります。明るい色の服に着ける場合はご注意下さい。
● 絵入りタイプ:絵はウッドバーニング技法で線を焼入れ、アクリル絵具で着彩、仕上げニスをかけています。
色付きのキノコは樹脂でコーティングしてあるため、強くぶつけたり衝撃が加わると色がはげることがあります。


作品リスト 目次に戻る

posted by kinoko-mono at 21:00| 作品紹介