2017年08月20日

前に進めない

春に目をつけていた桜川市のポイントに行ってみようということに。
その前に一箇所気になっていた場所に寄ってみたものの地衣類は良いけどきのこには・・・という感じ。
20170820-1.jpg
トゲハクテンゴケ(地衣類)とシラホシコヤガの幼虫
シラホシコヤガは地衣類を食して地衣類を身にまとう蛾です。

目的地へ到着。
長雨のせいで足の踏み場がないくらいきのこが発生している。
巨大ムラサキヤマドリタケがぼんぼん。
20170820-8.jpg

20170820-9.jpg

20170820-11.jpg
写真を撮ろうとしゃがみこむと落葉から発生した極小きのこが大量に見えてしまってもう一歩も進めなくなる。
これはシロコナカブリかな?

20170820-10.jpg
状態の良いキツネノハナガサがあたり一面。

20170820-5.jpg
道にはボタンイボタケだらけ。
このきのこどうやってもピントが合わない。

20170820-6.jpg
イグチ類も沢山出ていたものの、本日のピカイチはこれ。
ハナガサイグチ

20170820-7.jpg
ものすごい蛍光オレンジで目立つこと。目がチカチカする。

そして行きに地衣類を身にまとう幼虫を見つけたからか、変な虫が気になってしまった。
20170820-2.jpg
ボロボロの硬質菌からなにか管状のものが沢山ぶらさがっている。

20170820-3.jpg
風もないのに一斉に違う方向へうにょんうにょんうにょん。
ひぇぇ、気持ち悪い。

20170820-4.jpg
管の中には虫が入っていた!
調べてみるとヒモミノガの一種らしい。

他、ハナオチバタケ、ホウライタケ属の仲間数種、コチャダイゴケ、コテングタケモドキ、ムラサキホウキタケ幼菌、ベニイグチ、ドクカラカサタケ、アカキツネガサ、不明イグチ大量、アカヤマタケ属、ノウタケなどなど、種類豊富で色鮮やか写真も取り切れないくらいの大小様々なきのこが出ていました。
長雨効果の大量発生ですが今まで見たことがない種類を沢山見ることが出来たので、しばらくはここに通うことになりそうです。

posted by kinoko-mono at 23:00| Comment(0) | 菌探訪

2017年08月16日

ナラタケモドキ猛威を振るう

一時間半ほど待ち時間があったのでつくば市のA公園を徘徊。

・・・見渡す限りのナラタケモドキ。
うえっぷ。一瞬でお腹いっぱい。
20170816-1.jpg

20170816-2.jpg

20170816-3.jpg

20170816-4.jpg
そこそこ広いのだが至る所でナラタケモドキが大量発生。
この公園、大丈夫だろうか??

20170816-5.jpg
キツネノハナガサは雨に打たれて傘がすべて落ちていた。

20170816-6.jpg
鮮やかだったのはこれだけ。

他はツルタケが数本、アセタケ属がパラパラ、ハラタケ属が一種。
ナラタケモドキ以外ほぼ出ていない・・・。
きのこは大量にあるがぜんぜん癒やされない。

用事を済ませてから、様子見につくば市B公園へ。
この雨の続き方なら道路からきのこ型が見えてもおかしくないのだが、やはりほとんど発生していない。
ついでに傘が必要なくらいの降りになってきた。
20170816-7.jpg

20170816-8.jpg
雨だと半透明で綺麗だなーとか、オリーブサカズキタケを激写。
つまり他に撮るものがない。

20170816-9.jpg
変形菌を雨の中必死で接写するくらい他に何もない。

しょんぼりしてホームセンターで買い物をして帰宅。
と、思いきや。屋外園芸コーナーで地衣類を発見。
20170816-10.jpg
子器のあるヒメジョウゴゴケを初めて見た。

20170816-11.jpg

20170816-12.jpg
ホームセンターの屋外園芸コーナーは売り物プラス勝手に生えたきのこやコケも楽しめるのだけど、地衣類も楽しめるとは思わなかった。


posted by kinoko-mono at 13:11| Comment(0) | 菌探訪

2017年08月05日

「みんなでやろう!地衣類GO」

地衣類の大村嘉人先生が#地衣類GOの投稿を利用した
というまとめサイトを開設しました。
学名と和名で検索できるのが大変ありがたいです。
みなさんの投稿が増えるとリストが充実するのも嬉しいです。

大村先生のツイッターアカウントはこちら

posted by kinoko-mono at 17:17| Comment(0) | その他

2017年08月03日

お問い合わせへの返信

2017.7.18 メールフォームよりお問い合わせくださいました I 様
イベント等でバタバタしていたため掲載が遅くなり大変申し訳ありません。
2017.7.18にお返事のメールを送信しました。
お心当たりがない場合は迷惑メールに振り分けられている可能性がありますので、@kinoko-mono.jpで探してみてください。
届いておりませんでしたら、メールフォームもしくはこちらのブログ記事にコメントを入れて下さいますでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。


posted by kinoko-mono at 22:57| Comment(0) | お問い合わせへの返信

2017年07月30日

ヒスイガサツアー

師匠の案内できのこのくにへ行ってきました。
そこは見渡す限りきのこだらけの楽園でした。
どうしてここだけこんなことに??それはここがきのこのくにだから!!
と、あまりのきのこだらけ具合に軽く壊れかけます。

そうそう、師匠に無理を言って案内してもらったのは宝石のようなこの方に逢うためでした。
20170730-4.jpg
ヒスイガサ(フカミドリヤマタケ)
想像以上に小さくて苔の緑にまぎれていて、目をこらして探しながらじりじり前進しても踏んでしまう始末。
ざんざん降りの雨の中、我を忘れて見入ってしまう。
これがきのこより背丈のある芝生の中に生えているのを探すのは至難だと思う。

20170730-1.jpg
濡れて、てらてらですがヌメリはありません。
鮮烈すぎる深緑色はカメラで撮影するとうまく出ず。
悲しいかなスマホで撮った1枚が一番近い色が出ていました。

20170730-5.jpg
カレバキツネタケかな?

20170730-6.jpg
ホウキタケの仲間

20170730-2.jpg
出たてのヤグラタケ

20170730-7.jpg
アカイボカサタケ

20170730-3.jpg
ついつい撮ってしまう鮮やかピンクのベニタケ属

20170730-8.jpg
アンズタケ

掲載写真は綺麗に撮れたものだけ選んでいます。
実際は大型のベニタケ属がてんやわんやのイグチの仲間だらけの、その他小さいきのこを見始めたら足の踏み場もないほどの賑わいでした。ヌメリガサ属が多く見られたのも嬉しかったです。

帰り際。
駐車場に止まった大型バスはきのこのくにツアーバスだろうか?
いやまさか。(実際そんなわけない)

posted by kinoko-mono at 20:02| Comment(0) | 菌探訪

2017年07月28日

博物三昧

博物ふぇすが終わってほっとひといき。
行きたかったあっちやこっちにやっと行けました。

まずはこちら。
20170701-2.jpg

20170725-1.jpg
店内に隠花(書籍)帝国出現!むふふな品揃えです。

20170725-2.jpg
とりあえずこのコーナーから動けなくなります。

20170725-3.jpg
苔テラリウムやきのこグッズの販売もあります。
kinoko-monoの地衣類ピンバッジも少し置いていただいています。

20170725-4.jpg
おいけん」さんの展示パネルが超美麗です!これだけでも見る価値あり。

20170725-5.jpg
普段は青森県内での販売しかない貴重なガイドブックなども、今回特別に販売しています。

20170725-6.jpg
前から欲しかった諸々と今回出会った一冊を購入。

特におすすめは「奥入瀬フィールドミュージアムガイドブック」
見るものが多すぎて進みの遅いルーペ族には大変うれしい一冊。
20170725-7.jpg
なんとコースごとに300mの範囲で切り取ってあらゆる動植物を紹介しています。
その情報密度の高さたるものや、驚きを通り越してあきれるほど(良い意味で)
きのこや地衣類や冬虫夏草や変形菌も当たり前のように紹介されています。
ムカシオオミダレタケのひだのアップ写真が載ったガイドブックなんて無いですよ!
しかもそれぞれの写真が大変精度が高く美しいので奥入瀬の自然を写真でも満喫できます。
もちろん、行って活用するのが一番なのですが。
このガイドブックは普段青森県外でお目にかかれることはないそう。
現地に行かれた際に入手するか、こちらからお求め下さい。

ジュンク堂書店さん7F理工書フロアは図書館みたいで落ち着く空間でした。
また今度行こうと思います。
テトラポットのぬいぐるみとか分子構造模型キットとかえれめんトランプとかあってかなり楽しいです。


そして日を改めてこちらへ。
20170727-1.jpg

20170727-2.jpg
はしもとみおさんの生き生きとした木彫作品がお出迎え。

20170727-3.jpg
まさに驚異の部屋。

20170727-4.jpg
壁いっぱいに大迫力です。

20170727-5.jpg
博物ふぇすとは違って落ち着いた空間でゆったりと楽しめます。

20170727-6.jpg
ちょうど良い色良いサイズのトートバックを探していたので連れて帰りました。

同じ神保町で開催中のこちらも一緒に行ってきました。
20170727-7.jpg
小学6年生博物少年のコレクション展示!(トークショーは終了してます)
見ごたえありました。将来どんな大人になるのかな。
ついでに農文協さんも以前から立ち寄ってみたいと思っていたので、一挙両得。
農業関係の専門書が恐ろしく充実しているので、うちのダンナくんと一緒にまた来たいです。

そしてこの日の夜は協同出店の相方UMEさんと博物ふぇすの打ち上げ&反省会。
話はつきません。
博物三昧の楽しい一日でした。

posted by kinoko-mono at 21:07| Comment(0) | イベントレポート